ハルの調剤室

薬学生によるおしゃべりとつぶやき

MENU

マスクは本当に効果がないのか?

f:id:Harupharm:20211017173430j:image

こんにちは。HaRuです。

 

COVID-19のパンデミックによってマスクを日常的に使い、なくてはならないものになりました。

 

しかし、先日TikTokでマスクは意味がないからつけるべきではないという動画を見ました。

 

その主な理由は

厚生労働省がマスクには完全にウイルスの感染を防ぐことができるという根拠はないと言っているから。むしろ酸欠になるから。 

です。

 

はぁ?

 

と思ってしまいました笑

 

まだ私は学生の身分ですし、マスクやウイルスの専門家でもないですが、少し私の話を聞いてください。

 

 

はじめに

近年、"多様性"に重きを置かれ、個々人の意見や自己決定がどこにでも付きまとうようになった気がしています。

 

それが今回のCOVID-19のマスクやワクチンの必要性にも問われました。

 

またSNSの普及によって世界中の人の意見が見られるようになりました。

 

そのせいか間違った情報・意見がそこらじゅうに散見され、その情報を鵜呑みにし、さらにそれが正しいという主張がなされているケースがあります。

 

なぜ、日本の99%の医師が間違っていて、残りの1%の医師が尊重されるという事案が発生するのでしょうか?

 

正直、ある程度科学リテラシーがあればどの情報が正しいか、間違っているかくらいは判断出来るはずです。

 

f:id:Harupharm:20211017173444j:image

マスクには本当に感染予防効果はないのか?

私の結論ですが、感染予防効果はあります。

 

ここでいう感染予防効果とは何を指すのかをまず定義しなければなりませんが、ウイルスに感染する可能性をわずかにでも減らすことができるということとします。

 

確かに厚生労働省はマスクには完全にウイルスの感染を防ぐという根拠はないと答えています。

 

しかしそれは100%ではないということを意味しているのであり、マスクが全く意味の成さないものであるという意味ではありません。(私の意見)

つまり 

 

マスクを着ける≠100%感染を防ぐ

 

ということです。

 

感染のリスクを下げるということから、マスクには感染予防効果があります。

 

 

その根拠は?

マスクがウイルスなどの微粒子を遮る程度を表す捕集効率はそのマスクの性能試験の使われる粒子径通気線速度の2つを明確に示す必要があるらしいです。

 

つまり大きさと速さによって捕集効果が大きく変わる可能性があるということです。

 

まずマスクが微粒子をろ過する仕組みは

  • マスクをつくる不織布や布、ウレタンそのものがキャッチ
  • 静電気力がキャッチ

が考えられます。

 

 

マスクをつくるそのものがキャッチ

不織布や布、ウレタンなど様々な種類のマスクがありますが、それ自体がキャッチします。これがマスクの主なろ過効果がある部分であると考えられます。

 

それぞれの繊維一本一本に微粒子がキャッチされる感じです。

 

しかしここで議論されるのは

その繊維間の大きさはウイルスの大きさに対して大きい

ということではないでしょうか。

 

これは事実であり、ウイルスの大きさは約100nmほどであり、マスクの繊維間の大きさはウイルスの50倍ほどらしいです。

マスクの繊維間の大きさについてはなかなか信頼のある情報が手に入らなかったので大体だと思ってください。

 

ではなぜ捕集効果があり、ウイルスを99%カットなどと謳えるのでしょうか。

 

それは静電気力のよるものと考えられます。

 

 

静電気力による捕集効果

不織布や布、ウレタンに電子の移動によってそのマスクが帯電します。それによってウイルスの侵入を防ぐことができます。

 

これは東京大学の研究チームも言っていることなので信頼できるものだと思われます。また、マスク製造メーカーの一部でも静電気力によってウイルスをキャッチするという記述をしているメーカーも見受けられます。

 

ただし、布マスクやウレタンマスクなどの洗濯することによって何回も使うことのできるマスクには注意があります。

 

マスクを洗う時に柔軟剤を使ってしまうと静電気力が発生しにくくなるので注意が必要です。

服をふんわり仕上げたり、冬にセーターなどを着るときにパチパチいうのを防いだりする効果があります。

 

これは柔軟剤が陽イオン界面活性剤だからという理由です。陽イオン界面活性剤は親水基に水分子と結合し、電気を流してしまう性質があるからです。

 

ちなみに洗剤は陰イオン界面活性剤です。

同じような例にシャンプーとリンスがあります。シャンプーは陰イオンい界面活性剤で、リンスは陽イオン界面活性剤です。リンスがさらさらに仕上がる理由も同じですね。

 

 

ウイルスは通すが酸欠になるという嘘

ウイルスはマスクを通り放題で意味がなく、マスクをつけていると酸欠になるから害しかないという人をたまに見かけます。

 

そういう人には注意してください。

 

ここまででマスクはウイルスを通さないということは分かっていただけたかと思います。

 

空気中から体に取り込まれる酸素分子の大きさは約0.154nmです。ウイルスが約100nmでしたから酸素の大きさがどれほど小さいのかわかるはずです。

 

もちろん分子間力など様々な力が働いているのでこの大きさで通っているというのは一概には言えないですが、一概に言えないのはウイルスの方も同じです。

 

そもそも酸素分子の分子量は32ですしね。分子量と大きさは完全に比例関係ではないですが、構成元素やその数も考慮すればある程度予想できる数字だと思います。

 

もし、酸素は50%カットされるならばウイルスはもちろん50%以上カットされるのではないでしょうか。あくまで予想ですが。

そもそも吸う空気量が制限されるわけですからね。

 

マスクをつけても酸欠にならないと言っているわけではありません!マスクしながらスポーツしたら酸素が足りなくて死にそうになりましたから。(実体験)

 

 

おわりに

結論、マスクには感染予防効果は100%ではないですがあります。

それはマスクの静電気力が補助しているということでした。

 

最も良いのは

サイズの合った使い捨ての不織布マスクをつける

ことです。

 

マスクそのものではなく、鼻の上や頬のマスクとの隙間からウイルスは侵入してきます。

 

まだまだCOVID-19は収束しておらず、感染対策が必要です。これからもウイルスに気を付けて安全に人生を楽しみましょう!

 

 

 

【浪人生必見】河合塾と駿台予備校の比較

f:id:Harupharm:20211014200940p:image

 

こんにちは。HaRuです。

 

春から1年間勉強をがんばると決めた浪人生に向けておすすめの予備校とその比較をしたいと思います。

 

結論から言うと、浪人生は絶対に集団指導をする実績のある予備校に行くべきです。言ってしまえば河合、駿台代ゼミのどれかですね。

 

私自身も浪人を経験しており、河合塾で1年間勉強しました。

また友達に駿台で浪人していた人がいるのでその友達から聞いた話も合わせて比較していこうと思います。

 

私は浪人の1年間はとても苦しみました。なのでまず初めの予備校選びで失敗しないように、アドバイスをしたいと思っています!

 

 

授業時間の違い

f:id:Harupharm:20211014201607j:image

 

河合は90分、駿台は50分授業です

これは予備校選びでかなり重要だと思われます。

 

重要だと言っても通ったことのない人は絶対に分からないので例を紹介します。

 

もちろん予備校にも英語の授業があります。その中で英語長文の授業が問題なんです。

 

300words程度の英語長文ならば50分でも終わりますが、難関大学で出題される700words以上の英語長文は50分では終わらず、次の授業に持ち越しという形になるらしいです。

河合では必ず1つの授業で完結するようになっています。そういう長文を選んでいるということもあるのでしょうけど。

 

授業の持ち越しは授業を受けてる身としては少し嫌ですね。

しかし、駿台も2時限連続で入れているならばこの話は問題ありません。結局100分授業と同じことですから。

 

駿台の友達から聞いた話では、医科歯科の超長文では1週間の授業がその長文1つという形だったそうです。

せっかく予習しても日を跨げば学習効率は落ちる気がします。

 

ここまで聞くと絶対河合の方がいいじゃん!って思うでしょう。

 

しかし90分授業のデメリットもあります。

 

それは集中力が90分間絶対に続かないことです。絶対にです。

 

集中しているつもりでも、どこかで集中が途切れています。稀にいる1%未満の超人ならあり得るかもしれませんが、一般人は必ずと集中が途切れると言っても良いです。あと、その稀な1%未満の超人であれば現役で受かっていると思います。

 

これは改善のしようがありません。人間ですから。

 

基本的に浪人生の授業スタイルは提示された問題を予習で解いて、授業で解説という形です。

 

対策としては、予習で出来た問題は50%くらいの集中力で聞き、出来なかった問題の解説に全集中を注ぐことです。

 

こうすることで集中力を保ち、学習効率を最大限に伸ばすこともできます。

 

河合の講師の中には授業途中のちょうどいい時間帯に雑談を挟んで、一呼吸置いてくれる先生がいらっしゃいます。

 

その講師達の雑談はただの無駄話ではなく、授業内容にかかわるものだったりしますし、なにより面白い雑談をしてくださる講師が多いです。

 

生徒側からすると、とてもありがたかったです。

 

 

自由席か指定席か

f:id:Harupharm:20211014201736j:image

 

河合は自由席、駿台は指定席となっているようです。

 

河合塾の自由席は本当に良かったと思っています。座りたい場所に座れるというのは根拠はないですが、ほんの少しストレスフリーになれます。

 

夏だとエアコンに直で当たる場所だと寒すぎて授業に集中できないのでそれを避けられる場所に座るもよし。また黄昏たいなと思ったときは窓際に座るもよし。またお気に入りの予備校講師の授業では1番前に座って集中して聴くこともできます。(本当は全部の授業前の席に座るのが良いのですが...)

 

しかし結局、授業が12回、前期と後期で合計24回あるので、だいたい自分の席が固定されてきます。

 

固定席だと予備校内で友達ができやすいのかなと思います。元河合塾生の勝手な想像です笑

 

 

テキストの違い

f:id:Harupharm:20211014201659j:image

 

私も駿台に通っていた友達も理系なので、ここのセクションは理系向けになっています。しかし周りに生物をやっている人がいなかったので比較ができませんでした。生物選択と文系の皆さんすみません...🙇‍♂️

 

英語と数学は違いはありますが、大きく違わないのでここでは省略させていただきます。

 

問題は物理と化学です。

河合は物理のテキストの問題量が非常に少ないですが、駿台は物理のテキストの問題量が豊富です。

一方で河合は化学のテキストの問題量が豊富ですが、駿台は化学のテキストの問題量が少ないです。

 

少ないと言っても全く足りないというわけではありません。よくまとまっていると言えば良いでしょうか。

 

ただ演習量を確保できないというデメリットがあります。補充として市販の問題集が必要になるかもしれません。

 

 

テキストの内容の進み方の違い

河合も駿台も大きく分けて前期と後期の2つに分かれています。(厳密には違いますが)

 

河合の場合は前期で全範囲を完全に網羅していなくても1周します。そして後期でもう1周して網羅していく形です。

駿台の場合は前期と後期を合わせて1から網羅していくように進みます。

 

例えば、物理でいうと河合なら力学から電磁気まで前期でとりあえず1周するように進みます。

駿台は力学は最もボリュームがありますから、前期で力学を仕上げるような形で進み、後期に電磁気などを行います。

 

個人的には網羅してなくとも1回1周してくれる河合の方が嬉しいです。みなさんはどうでしょうか?

 

 

今回代ゼミに関しては情報が全くないため、河合・駿台と比較ができませんでした。

代ゼミに通っていた友達を見つけ次第、付け足したいと思います。

 

 

 

すべての浪人生の健闘を祈ります。

 

 

 

 

ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【偏差値40から65へ】絶対にやっておきたい英語の参考書3選

こんにちは。Haruです。

 

実際に私の経験をもとに英語の偏差値を爆上げするための参考書を紹介します!

これは英語が苦手だけど、英語を得意にしたいと考えている人向けの記事となっています。

これから紹介するものは全て私が使ったことがあるものだけなので信頼してください!

 

色々と「おすすめの参考書30選」など謳っている記事がたくさんありますが、記事を見てくれている人の偏差値を上げたいと本気で思っているならばできるだけ最小限で伝えるべきだと思っています。

全ておすすめで30選も出してしまうと分からない人に選択肢を増やしてしまうだけだからです。

 

私もこれから紹介する参考書以外にもたくさんの参考書をやりましたし、その中でももちろんおすすめしたいものはたくさんあります。それらは他の記事で紹介したいと思います。

 

まず前提として、英語が苦手なら中学英語くらいの本当の基礎の基礎から始めるべきです。

英語は数学などと違って、自分の力のどこが足りないのかが明確に分からない学問だからです。

 

たまたま運良く模試で自分の覚えてる単語しか出てこなかったけど、入試で簡単な単語と言われている自分の覚えていなかった単語が出てきたなんてザラです。

これは単語だけではなく、文法や英文解釈能力も同じです。だからこそ基礎からやり、ヌケモレを無くす必要があります。

 

私は偏差値65くらいの公立高校に一般入試で受かりましたが、高1の英語の勉強は中学英語のそれも簡単なもの始めました。自分の英語力が曖昧なものだと自覚していたからです。それが結果的に功を奏して、英語が得意になった理由だと思っています。

 

やるべき参考書は単語帳、文法書、長文問題集の3種類です。

英文解釈の参考書はわざと抜いています。なぜなら英文解釈は基礎力をつける段階では必須ではないからです。基礎力をつけた後に難解でアカデミックな英文を読むときや、和訳を正確にしたいときに、プラスして英文解釈の参考書をするとよいでしょう。

 

さて、前置きが長くなりましたがおすすめの参考書を紹介します。

 

おすすめ参考書

  1. ユメタン
  2. Vintage
  3. 英語長文レベル別問題集

 

 

ユメタン

 


新ユメタン(0) 夢をかなえる英単語 中学修了~高校基礎レベル (英語の超人になる!アルク学参シリーズ) [ 木村達哉 ]

 

ここでは私がユメタンを使っていたのでおすすめに挙げていますが正直単語帳は何でもいいです。

ただし、しっかり基礎単語から載っているものを使いましょう。

 

例えばユメタンであれば0(黄色)から。

ターゲットならば1200や1400から、システム英単語ならばシステム英単語Basicから、速読英単語ならば初級編から。

 

一応有名どころを挙げましたが、学校で指定されているもので、基礎単語がしっかり載っているものであれば大丈夫です。

 

下の記事でユメタンのレビューしています。

harupharm.hatenablog.jp

 

Vintage

 


英文法・語法Vintage3訂版 [ 篠田重晃 ]

 

これもNextStageなど、見開きで左ページに問題、右ページに解答解説になっている文法問題集であれば何でも良いです。とにかく大学受験英語で出てくる文法を習得する必要があります。

 

ここで重要なことは1問に多くの時間をかけないことです。知っている知識であれば考えて解ける問題もありますが、おそらくほとんどが知らないものばかりだと思います。なのでインプットをするような心構えで文法を習得しちゃってください!

 

またVintageなどには文法のほかに語法、イディオム、会話表現、ボキャブラリー、発音アクセントがありますが、文法、語法、イディオムをまず仕上げましょう!

私は長文問題集も平行してですが、ここまでやってセンター8割を超えました。文法書のすごさを感じました…。

 

英語長文レベル別問題集

 


英語長文レベル別問題集(1) 超基礎編 [ 安河内哲也 ]

 


英語長文レベル別問題集(2) 基礎編 [ 安河内哲也 ]

 


英語長文レベル別問題集(3) 標準編 [ 安河内哲也 ]

 


英語長文レベル別問題集(4) 中級編 [ 安河内哲也 ]

 


英語長文レベル別問題集(5(上級編)) (レベル別問題集シリーズ) [ 安河内哲也 ]

 

最後に東進ブックスから出ている英語長文レベル別問題集です。

 

私は1の超基礎編から始めました。正直高校生にとっては簡単すぎるので飛ばしてもいいのかなとは思いますが、英語に自信がない人ならば1からやってみると良いでしょう。

 

私は4の中級編までやりましたが、本の中を見てみた感じ5の上級編までおすすめします。6の難関編はここまでのレベルになると他の長文問題集のほうが優れていると思うので、おすすめしません。

 

この本の良いところは

  • SVが振られている
  • 長文に出てきた単語が一覧になっている
  • 文章の内容が興味深く、面白いものばかり
  • CD付

です。

 

SVが振られている長文問題集は今でこそ主流かもしれませんが、無いものもかなりあります。英文を読解するうえで、どこが主語でどこが動詞かくらいは把握しないと読解できないので、一度解いたら答えで確認してみましょう。後々SV振りの重要さが分かってきます。

 

また、特に文章の内容が面白いのは勉強が本当に続きます。1日1題やろうと決めていても、先に進んでしまいたくなるくらいです。

 

CD付なのも良い点です。ぜひCDを使って音読、ディクテーション、シャドーイングをしてみましょう。

 

 

いかかでしたか?

たくさん参考書はありますが、上に挙げたものをしっかりと取り組んでやりこめばかならず英語力は上がります。進研模試65、河合で60くらいは固いでしょう。

 

いますぐにでも勉強を始めて、一気に英語力をあげちゃいましょう!

 

 

 

 

ブログを読んでいただきありがとうございます。